まるくんの趣味プログラミング日記

最初はUnityを使っていたんだけど、業務から離れてしまったので、ゲーム/エミュレーターよろずについて書いていきます。

HTML5とWebAssemblyのつなぎ込み (1)

先日公開されたmz1500emの新バージョンは、一見するとキー入力ログがカットされただけに見えます。
でも、ちょっとだけ、今後のUIのつなぎこみに対する仕込みが入っています。

http://alpha.marukun.com/

画面の右上の方をよく見てみて下さい。[Reset]ボタンがありますよね!
これをクリックすると、なんとエミュレータ側にリセットがかかります。
Web UIと、WebAssembly側の接続の第一歩めです。
ただし、現状ではテープイメージが巻き戻らないため、ゲームの再ロードが出来なくなりますので、モニタコマンドで遊んでみてください。
将来は改善しますのでご安心を。

この調子で、出来るだけネイティブアプリと同じような事ができるWebアプリにしていきたいですね。
ただし、ブラウザの場合はセキュリティがあるでしょうから、どこまでできるかまだ不明ですが…。
例えば、手持ちのテープイメージをアップロードさせて動かす…なんて、できるのかなぁ。やりたいなぁ。

私、恥ずかしながらHTML5JavaScriptはまったくの素人です。
そのあたりで、いろいろアドバイスをいただけるとありがたいです。

それでは今日はこのへんで!